ブログトップ

ようこそ旅プロのブログへ!ここではトラベルプラザ、久保田道雄が行った旅行の数々をご紹介しています。カテゴリからお好きなタイトルをクリックしてご覧になってください。また、古い日付が一番下に掲載されますので、恐れ入りますが最初からお読みになる場合には一番下までスクロールしてお読みになってください。



ロシアでホームステイ体験-4日目
4日目は、いよいよシベリア鉄道でブリャート自治共和国ウラン・ウデまで7時間の列車の旅。イルクーツクのホテルを8時少し前に出る、駅まではアンガラ川を渡って対岸へ凡そ車で20分弱、まだこの時間では外は薄暗い、信号があるわけでもなく渋滞もない。駅に到着すると流石に通勤時間なのかごったがえしていて駐車スペースを探すのに大変、信号もなく駅前のロータリーがあって車を整理する人もなく二重三重に勝手気ままに駐車している。やっとのことで駐車出来る。ここから駅舎までトランクやら荷物を運ぶ、日本の駅のように改札はない。誰でもホームまで、出入りは自由、時刻表は全てモスクワ時間、ここではプラス5時間で計算すると合う。少し早めに地下道を抜けてホームへいくエレベーターはないので重い荷物は大変、ガイドやドライバーに手伝ってもらう。

プラットホームは低く列車との乗降口はステップで3段ほどの高さここでも重い荷物は上げるのに一苦労する。乗車口では車掌がチケットとパスポートのチェックをしてからの乗車となる。車内は4名用のコンパートメント、今回は参加のお客様よりバラバラの部屋にして欲しい旨強いご要望があり多少苦労しました。どうやらお客様は同室となったロシアの方々とのコミュニケーションを図りたいようでロシア語会話週やら電子翻訳機やらを持ち込んでいらっしゃった。(ちなみにコンパートメント内部には左右の下段の座席の下に荷物入れがあるが流石にシベリア鉄道でも大型とランクは無理、駅舎の階段や車両への乗降口等々を考えるとなるべくならザックが便利カも知れません。特に何日も列車の旅をされる場合は座席を寝台として使いますので・・・・・・)

c0083825_1926770.jpg
車内の通路です。所々に椅子が倒れる様になっていて結構、通路でで話して過ごす人もいます。通路の突き当りにはサモワールがあり常時、熱いお湯がいただけます。カップ麺やインスタント食品をお持ちいただくと便利でしょう。そして自分用のコップもお持ちください。コンパートメントの中にもインスタントコーヒーや紅茶のパックスナック菓子、ミネラルウォーター等が用意されています。但し有料なのでご注意を・・・・・・今回は目的地のウラン・ウデまでは約7時間、出発してから少し経つと窓の外にはバイカル湖の眺めが広がります。行けども行けどもバイカル湖がついてきます。

この季節は黄葉がとても綺麗な時期で車窓はバイカル湖と反対側は延々とつずく黄色に染まった白樺林シベリアの広さやバイカル湖の大きさに呆れてしまいます。途中列車が止まるのは二駅ほど停車をする駅のプラットホームには何処からともなく集まってくる近所の農家の売り子が乗降口に集まってきます。

もちろん食堂車も連結されています。車内では同室のロシアの人たちと折り紙を教えたりして楽しまれていました。これも鉄道の旅ならではの楽しみの1つ。

車窓左手からバイカル湖が見えなくなり1時間もしますと目的地、ウランウデに到着です。ちょうど16時少しすぎたあたり、各コンパートメントが少し慌ただしくなり下車をする乗客は荷物の準備を始めます。ウラン・ウデはこの鉄道の分岐点で支線はモンゴルのウランバートルへ向かいます。列車がホームに到着しますとホームではマリーナ先生や学生さんたちが待っていてくれました。

下ろす荷物があまりに大きいので皆びっくりの様子、プラットホームの真ん中でみんな、やぁやぁ、こんにちは~とご挨拶、先生が学生さんに、さぁ皆さん荷物を運んでといっていましたが、大きなトランクに見るに見かねたか、ここでも親切なロシア人の男性達が荷物を運ぶのを手伝ってくれました。

駅から市内までは20分ほど、バスの中でそれぞれのホストファミリーの学生さんたちとご挨拶、嬉しさと多少の緊張が少しありましたがそこは今回参加された方々の持ち前のキャラクターで和やかにすぐ打ち解けてしまいました。お客様をそれぞれのホストファミリーのお宅へお届けして無事終了いたしました。
(今回のお客様は、様々な思考をこらしていろいろな計画を組んでいまして果たしてどうなることやら・・・・・・・・
このお客様の「キャラ」を早く事前にマリーナ先生に知らせなければと私は事前に持参した海外用の携帯電話で途中からアクセスし、先生、実は今回のお客様が学生さんとのいろんな計画を云々、コレコレ、しかじかでと連絡を取り合ってビックリしないように心の準備?をお願いしていました。私はと言うと、内心ではこれが上手くいけばとても面白いかもとお客様に感謝と心配をしながら・・・・・・・でした)

ハイ、線路は続くよ、どこまでもこの先の果てがウラジオストクです。長い長い列車はシベリアの黄色に染まった大地をゆっくりとした速度で走ってゆきます。
[PR]
# by travelplaza | 2004-09-21 13:28 | ロシアでホームスティ

ロシアでホームステイ体験-3日目
c0083825_13233915.jpg
これは特別に美味しかったので大きな写真にします。バイカル湖からイルクーツクへ戻って市内のレストランで食べたスープです。左が器のフタ、右はご覧の通りですが、この器は全てパンを焼いたものでした。パンの中のスープをフタをかじりながら食べるととてもカリカリと香ばしくて美味しいものでした。壷のパイ包み焼は何度もいただきますが壷までパンは私も初めてでした。バイカル湖から戻って昼食後、イルクーツクの観光いたします。この街はガイドブックなどではシベリアのパリとか紹介されていますが、どうも今ひとつピンときません。ですがここは慌ただしさのないロシアの綺麗な街であることにはいささかも変わりはありません。

c0083825_1343038.jpg
ここは日本の石川県の金沢市と姉妹都市、市内には、金沢通りという名称が着いている通りもあります。
また、古くは大黒屋光太夫がサンクトペテルブルグへ行く途中に逗留した街で記念碑も残っています。

世界最大の湖から流れ出る唯一の河川、アンガラ川が街の中を流れ、橋を渡った対岸にはシベリア鉄道のイルクーツク駅があります。
川沿いは遊歩道や市民の憩いの広場になっていて夕刻には家族ずれでお散歩コ-ス。メインストリートはカール・マルクス通り、そしてジェルジンスキー通りには中央市場とデパートがありその前は歩行者天国になっていて多くの買い物客で賑わいを見せています。市場ではキャビアなどの食料品も日本の価格を考えると驚くほど安く買うことも出来ます。


c0083825_13253638.jpg
ここは、外国人用のスーベニアショップではありません。イルクーツクの市民が日々の食料品や日用品の買い物に来るところです。屋外では近郷の畑で取れた野菜や果物を並べて売っている人々でにぎわっています。ホテルからタクシーなら数分の街の中心に位置しています。併設のデパートでは毛皮から貴金属、アクセサリー化粧品楽器まで有りとあるゆるものがそろっていて。ウインドウショッピングだけでも愉しい時間がすごせます。(中は迷路のようになっているので迷わないように・・・・トイレは有料5ルーブル?くらいです。)

イルクーツクで見逃せないのはズナメンスキー修道院、1600年代の建立と言われています。ここの朝晩の礼拝時に流れる賛美歌や飾られるイコンの数々は荘厳そのもの、黒い修道服に
身を包んだ修道士が香炉を振りながら祈りをささげる姿や信者が引きも切らず訪れて祈りをささげています。
[PR]
# by travelplaza | 2004-09-20 12:56 | ロシアでホームスティ

ロシアでホームステイ体験-2日目
c0083825_16521972.jpg1泊目をイルクーツクに滞在して翌日は、いよいよ世界自然遺産バイカル湖へ向かいました。
バイカル湖は、シベリアの真珠、世界最大の淡水湖、そして深度も透明度も世界一、バイカルアザラシの生息地等々いろいろな呼称があります。イルクーツクからなら車で1時間と少々、
アンガラ川からは船でも行くことは出来ます。この日は曇っていていささか湖面も荒れ模様、白い波が立っていて結構にゆれました。
船のデッキではウインドブレーカーが無ければ寒くていられません。
女性のお客さんは元気良く船が大きくゆれる度にもっとゆれろ~、もっとゆれろ~と椅子に座って踊りだしていました。
私はと言いますとある女性のお客さんが寒いと言うので私の皮ジャンを貸して上げたので寒くてデッキに入られず、エンジンオイルとカビクサイ船倉からずっと、揺れながら沈没しないように祈りながら?窓の外の波を見ていました。着眼したときには正直ホッ・・でした。

c0083825_1762953.jpg
バイカル湖畔の小さな漁村、リストビヤンカといいます。この日は日曜日とも重なり遊覧船の船着場はバイカル湖で採れる”オームリ”という鱒のような魚を焼く煙が立ちこめ民芸品を売る露天で大賑わいの盛況でした。

リストビヤンカはスリュジャンカから湖畔沿いを走る環状鉄道の観光列車も走り近年ロシア国内でも別荘地として人気が出てきているようでチラホラとカラフルな別荘も建設され始めています。
午後は綺麗に晴れ渡り村の聖・ニコライ教会の鐘がのどかに響いて来るようです。この教会からのんびりと牛が草を食んでいる小道を少し車で走ると小さな雑木林に向かう板で整備された小路があり、それを上り詰めると終戦時にシベリアに抑留されたここで亡くなられた日本人の慰霊碑や墓碑が建立されています。誰が何時訪れて香を手向けたのか解りませんがかけらが残っていました。
私たちも日本から持参しました線香を焚きご冥福を祈ってまいりました。

雲一つ無く晴れ渡りすんだ空気の中に建つ、リストビヤンカ村の小さな教会が秋の黄色く染まった木々にマッチして美しい姿を見せていました。又、この教会の斜め反対側の丘の中腹には、かつてシベリアに抑留され酷寒のシベリアの原野を切り開く労役をし、いつかは故郷の日本に帰れると信じながらここで命運つき、倒れた多くの日本人将兵の御霊を祭る慰霊碑と墓地があります。(この地を訪れる機会がありましたら何卒お立ち寄りくださいまして香を手向けていただければと思います) 合掌・・・。

ここでのホテルは湖畔の丘の中腹にあるホテルバイカル、質素では有るけれども見晴らしの良い綺麗なホテルです。ここからの朝夕のバイカル湖の眺めはとても綺麗です。
[PR]
# by travelplaza | 2004-09-19 16:08 | ロシアでホームスティ

ロシアでホームステイ体験-1日目
2004年9月18日、今年から新潟~イルクーツク間に直行便で週一便で就航しました。
シベリア航空(S7-502便)で新潟を出発しました。機内はほぼ満席の状態。
今までは、ダリアビア航空のハバロフスク経由か、ウラジオストック航空でウラジオストック経由。
いずれも両都市で1泊してからイルクーツクへ向かいました。
でも今回は直行で入れるので少し得したような気分。
飛行時間は約6時間、夕方にはシベリアの真っ只中の街に着いてしまいました。

c0083825_1525967.jpg
左は、新潟空港出国待合室から撮影したシベリア航空のイルクーツク行きです。
7月20日から九月末まで毎週土曜日に就航しました。イルクーツクまでの所要時間は約6時間ほど、機内のアナウンスはロシア語と英語、機内サービスも成田空港から飛んでいる航空会社と全く変わらず快適でした。


c0083825_13165391.jpg
イルクーツクのホテルはアンガラ川沿いのバイカルホテル(旧インツーリスト)我々を歓迎してくれた訳ではないと思いましたが、ホテルの入り口で偶然にも軍楽隊の演奏セレモニーをしていました。曲目は解りませんでしたが少人数編成のバンドでありながら流石にロシアらしい重厚なマーチを演奏していました。(私も学生時代にはトランペットを10年近く吹いていまして、いやぁ~懐かしくてしばらく立ち止まってしまいました)
なかなか見事な演奏でありました。
[PR]
# by travelplaza | 2004-09-18 15:16 | ロシアでホームスティ

風のモンゴルで騎馬トレック-2日目
どうですか?この勇姿、どう見てもモンゴルの騎馬軍団?チンギスハーンの現代版、真ん中の1人(風の原社長)を除けば全員がここに来るまでは馬は全くの始めての人ばかり、でもこれが2日目の写真なんです。たった2日でこのようにみんな思い思いのスタイルで乗りこなしているんです。
この日は遠く離れた遊牧民のゲルを訪ねました。
彼らは遊牧生活をしているためにお隣同士と言っても何十キロも離れているのがほとんど、訪ねる人は快く歓迎してくれて絞りたての牛乳や出来たての乳製品を振る舞ってくれました。
大人も子供も大自然を相手に日々過ごしているせいか全く人を疑うことを知らない素朴な人達です。

左は日本のビデオカメラを珍しそうにのぞき込む遊牧民の家族です。子供も大人も綺麗な澄んだ目をしています。ここでは生活の多くは自給自足、チーズや絞り立てのミルクは絶品ですよ。夏には馬乳酒も飲めます。

ア~ァ~日本人は弱くてとっても見ちゃおれ馬せんわぁって言いたそうな後ろの馬、の言い分です。全く時間は止まっています、はい。

モンゴルでは毎日、毎日がこうして過ぎてゆきます。日本のあの忙しさはなんなのだろう。ここモンゴルで考えると分刻みに追われる世界はなんなのだろうとだれもがふと考えてしまいます。ここには現代病はおそらくは無いでしょうし有るがままの自然と人が生活をしています。
一年に一度はこんな大自然で心の洗濯が絶対に必要なのではないでしょうか。ここではゴビの砂漠が近くとても乾燥していて汗をかくと言うことを知りません。おそらくは出ていてもすぐに蒸発してしまうのでしょう。その分いつも水分の補給に心がける事になります。よくお風呂はどうするの?と聞かれますが、汗をかかないのでさほど気になりません。

モンゴルは面白い
乗馬はハマリまっせぇ~。是非来てくださいよぉ~~~。

右は最終日でそろそる頭の中に机の上にたまった仕事が思い出されてきた悲しそうな日本人でした。

モンゴル大草原は名の知れぬ草花が咲き草原の小動物,野ウサギやタロバガンを見ることも出来ます。草原の夜は真っ暗闇。360度全く明かりは見えません。乾燥した空気それだけに晴れた夜空の星は素晴らしくプラネタリウムの天空を見ているようです。
星座に弱い私でもいくつも発見できそうでした。これも今の日本で見ることの出来ないものの一つです。最後の写真は筆者と愛馬”こだわりの旅号”、私のおっかなびっくりの乗馬姿手綱を持っているのは現地の大学で日本語を勉強しているアルバイトの学生さん。やはりこの人も馬に乗ったら別人になってしまいました。
[PR]
# by travelplaza | 2001-05-30 19:36 | 風のモンゴルで騎馬トレック

風のモンゴルで騎馬トレック-1日目
モンゴルでの楽しみ、それはなんと言っても”馬”これは絶対にはずせません。
乗馬経験のない方でも、大丈夫!

モンゴルに着くのは夕刻、翌日には待ちきれずにもうこんなスタイル、みんなの顔は早く馬に乗りた~い。
でも内心は不安、そうですこのメンバーは全員乗馬は始めてなんです。多少笑顔も引きつってはいませんか?。モンゴルでは子供から大人まで乗馬は当たり前下駄や靴代わりだれでも乗って当たり前の世界なんです。路も何もない大草原に出ると交通手段はこれが一番、後ろに見えるのは簡単な厩舎そして待ちかまえる馬たち。利口な馬のこと乗られた感触で初心者か上級者か解るんだとか。風のモンゴルでは初心者も安心して乗馬を楽しんでいただけるように数々のこだわりを持っていますのでここで紹介いたします。

この騎馬トレッキングの最大の特徴はとにかく出来うる限り安全に配慮をしているところが売りなんです。
第1に乗馬初心者には、「2人に1人」です。お客様2名に馬術の巧みな遊牧民を1人付けています。
第2に「乗馬の基本から」実践しながら馬の扱いや乗馬の基本的な注意親切にレクチャーします。
第3に「小グループ」乗馬の熟達度に分けて楽しみます。上級者で草原を思い切り走りたい人、そこそこ慣れて1人で乗っていられる人、手綱を持ってもらわないとまだ怖くて乗れない人のにそれぞれ別れて思う存分に楽しんで戴きます。

でみんなそろったら出発です。行き先は?馬に聞いてくれェ~。みんなで限りなく広い大草原を
最初はのんびりゆっくりと歩き始めます。馬の背に乗るとかなり高いところから下を見おろすような意外と高さがあるな~と言う感じと歩き始めるとユサァ~っと揺れます。捕まるものは手綱と鞍の頭ですが、やはり最初は安定しません。両足に力を入れて馬体を挟んでいるのと緊張で時間がたつのを忘れてしまいます。
馬はというと毎度のことなのか、へたくそだなぁ~安心して乗っていろやっていう感じ遊牧民の人が手綱を持ってくれているので全く安心なのですが緊張しまくりで数時間が過ぎてゆきます。
[PR]
# by travelplaza | 2001-05-29 19:32 | 風のモンゴルで騎馬トレック



1


旅行のプロが行った世界の数々をご紹介
by travelplaza